岩澤(柾)君、応用物理学会ポスター賞

北大の応用物理学会で発表してきました。

有機組は応物がメインですね。

 

岩澤君の発表が大分類「有機分子・バイオエレクトロニクス」のポスター賞に選ばれました!STMで分子ならべ、UVSORで分子軌道をmappingし、Pythonで膨大なデータ解析と、かなり気合の入った先端計測とはいえ、中身は有機光電子分光の基礎なので、これで受賞できたのは意味のあることと思います。産総研の細貝さんが「結局みんなこういうの実は好きなんだよ」と言ってたのはその通りと思いました。地元は台風で大変そうですが、良かったです!

 

猪狩君の原子層積層デバイスの発表も、きっちり前代未聞の特性を出していますから、会場の興味をだいぶひいていたのが印象的でした。こちらもデバイス作りからその電子エネルギー分布評価まで全部オリジナルです。いま実験室では不思議なくらいに、さらに良い特性が出ています。こちらは受賞なるかはまだわかりませんが、期待しましょう。地元は台風で大変そうですが、発表はしっかり良かったです!

 

学会初参加組も、地元は台風で大変そうですが、発表頑張ったと思います。

一方山田は、そもそも申し込みをミスって発表できませんでしたので、次もっと頑張ります。

 

「単一配向Picene薄膜の光電子強度マッピング計測」
〇岩澤 柾人、小林 辰之輔、長谷川 友里、佐々木 正洋、松井 文彦、解良 聡、山田 洋一

「Graphene/h-BNを用いた原子層物質積層平面型電子源」
〇猪狩 朋也、長尾 昌善、三石 和貴、佐々木 正洋、山田 洋一、村上 勝久

「Ag(110)基板上における単一配向有機薄膜の作製」
〇小林 辰之輔、岩澤 柾人、長谷川 友里、佐々木 正洋、山田 洋一

有機半導体単結晶表面の真空中での安定性:熱およびレーザー損傷評価」
〇渕井 康太、岩澤 柾人、伊藤 真澄、佐々木 正洋、鶴田 諒平、中村 泰生、山田 洋一

「ペンタセン単結晶上のC70フラーレンpnヘテロ界面エピタキシャル成長」
〇鶴田 諒平、岩澤 柾人、高橋 加奈、岩下 政揮、郡上 祐輝、遠藤 豪太、細貝 拓也、小金澤 智之、山田 洋一、中山 泰生

(延期)「Li@C60のSAMO計測の試み」
〇山田洋一

 

f:id:sasaki-yamada-lab:20190919153738j:plain

f:id:sasaki-yamada-lab:20190920142750j:plain

 

 

 

岩澤(智)君の水素論文

岩澤君の日本語の水素透過論文ができました!

地元は台風で大変そうですが、これは良かったです!

 

ステンレス鋼を透過した重水素の挙動観察
岩澤智也, 宮内直弥*、高木祥示、村瀬義治、山田洋一、板倉明子、佐々木正洋
表面と真空Vol. 62, No. 10, pp. 1–6, 2019

先週のこと

先週の金曜日のこと、

「角直也主催 第26回角直也生誕祭」

が開催されました。

f:id:sasaki-yamada-lab:20190510190418j:plain

本当にみんなが来てくれるのか不安そうな角くんでしたが、

金曜日の夜遅くまで研究を頑張っていた面々が続々と集まり、楽しい会となりました。

 

f:id:sasaki-yamada-lab:20190510220255j:plain

あ、俺もそろそろ誕生日だなーという人は、お近くの日向までお願いします。

 

岩澤

graphene平面電子源論文アクセプト!

 AIST村上さんとの共同研究のgraphene平面電子源論文がAPLにアクセプトされました!

 拾ったアナライザーやポンプを駆使して安達君(株式会社アドバンテスト)が作ったエネルギー分析装置が活躍していますね。

 現在猪狩君がさらに驚異的な結果をたたき出している(!)ので、これからまさに楽しみになってきました。

 

High-performance planar-type electron source based on a graphene-oxide-semiconductor structure
*Katsuhisa Murakami, Joji Miyaji, Ryo Furuya, Manabu Adachi, Masayoshi Nagao, Yoichiro Neo, Yoshinori Takao, Yoichi Yamada, Masahiro Sasaki, and Hidenori Mimura 
Appl. Phys. Lett (in press) [IF=3.495]

 

張-岩澤論文アクセプト

張さんと岩澤君のpiceneとDNTT膜のだいぶ前の仕事の論文が、ドイツの強いグループに先を越される(かつ自慢される)など、ありがちな紆余曲折をした結果、ACS Omegaになりました。次からは早く出そうと思いました。。

 

石井さん有機フォノンの議論をできたのが楽しかったですが、この論文では軽く触れた程度。今後この話がちゃんと掘り下げられたらユニークな仕事になっていきそう。

 

Fabrication of Highly Oriented Multilayer Films of Flat-lying Picene and DNTT on Their Bulk-like Monolayer
Zhang, Chunyang; Tsuboi, Hiromu; Hasegawa, Yuri; Iwasawa, Masato; Sasaki, Masahiro; Wakayama, Yutaka; Ishii, Hiroyuki; *Yamada, Yoichi 
ACS Omega, (in press)